08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさしぶりの読書

2008.06.17 00:24|読書
週末に図書館から本を借りてきた。
「沼地のある森を抜けて」梨木香歩
「ワルガキ幽霊にびびる」香月日輪

まずは夜更かししても大丈夫なように長編から読む。
梨木さんの小説は、いつも違和感を感じて居心地が悪い。
それでも唯一「家守綺譚」はとても好きだったので
ついつい、新しいものがあると読みたくなる。

…が、今回はやめとけばよかった。
ひさしぶりに読んだことを後悔した。

一家に伝わる「ぬかみそ」がストーリーの重要な位置をしめているのだが…
これが、ものすごく、不気味でおいしそうじゃない!!

ストーリー自体好みの問題なので、いいとか悪いとかいえないが
食べ物がおいしそうじゃない本は苦手だ。
うちのぬかみそまで、なんか不気味になりそう。どうしてくれる…?

気分直しに、明日は「ワルガキ」を読もう。
幽霊…幽霊は不気味でも多分大丈夫。幽霊なのだから。

コメント

ワルガキ、借りてきたんだね。
出てくる幽霊たち、そんなに怖いとは思わなかったよ。みんないろいろ事情があるから。

食べ物が美味しくなさそうな本は私もイヤだな〜。
やっぱり「食べてみたい!」って思うようなのがいいよね〜。

>ちるるちゃん
うん、幽霊達ほんとにいろいろ事情があったね。
大人の小説に出てくるような事情。
でも、ワルガキたちはかっこいい。


私が好きな本って、ひょっとしたら
「おいしいもの」が出てくる本って
いってもいいかもしれないと、この頃思うよ。

食べ物が美味しそうじゃない本なんて
言語道断!(笑)

ぬかみそ、私も一時凝ったよ〜♪
何度か作って、納得いくできになるとうれしかったわ(^^)

>まゆちゃん
自家製のぬかづけは、おいしいね。
それに、状態がいいと、においだってむしろ
いい匂い〜(*^_^*)
忙しいと、なかなか手入れが大変だから
うちではつくりにくいよね。
つまり今、我が家はちょっとヒマ…。(^_^;)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。