06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んだ本 55歳からのハローライフ

2014.06.19 22:30|未分類
村上龍 著

村上龍さんの作品は、69、だいじょうぶマイフレンド、しか読んだことがない。
それも、読んだのは二十代。
何年か前に、参加している読書会の選書となって
69を読み返したが、それ以来の村上作品。

今回も、その読書会の選書だった。

5編の中編。
どれも五十代半ば過ぎの主人公だ。

身につまされると言う感想が一番にくる。
明るい話ではないが、どれもラストはほんのりと明るい。

コメント

こんにちわ

これ 今 NHKで ドラマ放映されていますね
村上龍さんの 原作だったんだ・・・
テレビは見ていませんが 読んでみますね

今 [ノボさん] 読んでいます
正岡子規さんも 夏目漱石さんも 名前は知っていても
学校で 習った程度のことしか 正直知りません
ペンネーム?が 何故子規で 何故漱石かとか 
ベースボールのこととか 誰からも好かれる人柄とか 
豪遊の話とか・・・ 
面白いという表現で良いのかとは 思いますが
面白く 読んでいます

No title

よしこさん

漱石の俳句にハマったことがあって
その時読んだ俳句集というのが
子規に送った句だったのです。

子規が添削していて。

しかし、駄々っ子のような人だったんですね。
子規は。妹の看病ぶりには驚きます。

>五十五歳からの~

こんな言い方はどうかと思いますが
ちょっと井戸端会議で聞いてるような気持ちになったりします。(^_^;)

ちょっと痛々しい話もありますが…
それでも暗いという感じはしませんでした。

ドラマは、ちょっとみました。
少し脚色してあるけど
そんなに違和感はなかったです。

No title

55歳の・・・は題名は気になってたんだけど、読んでないんだよな・・・
でも、今リクエストかけてもしばらく回ってこないだろうし、子供らのカードまで使って30冊ぎりぎりくらいまでリクエストかけてるから、なんか回ってこないともう追加できないな・・・しばらくお預けだぁ

No title

>ちるるちゃん

ちるるちゃんは、まだまだ55歳までまがあるから
ゆっくり読んで大丈夫よ。(笑)

多分、その頃にならないと
ぴんとこないかもしれないよ。

ドラマ見てみた

さっきたまたまNHKにしたらやってたから見てみた。
ペットロスのお話だった。
周りの主婦達の旦那の愚痴とか聞いてる感じなドラマでしたな。

55歳ねぇ・・・・7年後。子供らが出てって二人だけになってるといいなぁ・・・

No title

>ちるるちゃん

昨日は見逃しました。
一話目はすこし脚色してあって
雰囲気が違うところがあったのだけど
これはどうだったのか。

女性が主人公の話は、ほんとに井戸端会議っぽい。

一話だけ、普通の日常では、聞けないような話が
あるんだけど…。

55…まだ、未踏の地なんだよね。
いいなぁ。
私はこれからどこへ行くのだろう。(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。