10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕僕先生

2007.05.29 00:09|読書
ずっと、図書館に予約中だった「僕僕先生」。
やっと、連絡が来て借りてきたその日のうちに、読了。
すごく、たのしかった。
表紙もかわいい。
私も、仙人と友達になりたい…が、「仙骨」も「仙縁」もなさそうだ。
(仙骨がないと仙人になれない、仙縁がないと仙人と知り合えないと、物語中にある。)
「せんえん」を変換したら、「千円」が一番にでてくるようでは…ね。

返却まで期間があるので、まだ何度も読み返せる。

コメント

いいでしょ、いいでしょ?僕僕先生。
なんとも力の抜けた感じがいいよね。
なんでだかかわいい女の子に変身してて、気持ちまで恋する乙女っぽくなっちゃってるし(笑)

私も仙人になれなくていいから、お知り会いにはなってみたいなぁ〜

>ちるるちゃん
うん、よかったよ〜。
すごく好み!
ちるるちゃんの読書日記どおり、
白狐魔記の仙人さんも思い出したよ。

私は今日返却

やや延滞気味(正直言うと、5日ほど遅れました)で、「僕僕先生」をやっと返しました。
主人公の力の抜け加減が、なんとも羨ましい。
まさしく「浮世離れ」という形容が相応しいお兄ちゃんで、それだけでも「仙縁」があるというのが納得できてしまう。
私は娑婆っ気たっぷりの俗物なので、絶対に「仙縁」は無いと確信してます。
でも、いいや。

>ふわさん
いや、なかなか仙縁のありそうな人って
いませんよ。
現実には、なかなか浮世離れもしてられないですから。
本のなかくらい、そういう気分をあじわっていたいですよね!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。