10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通常に戻る…そしてこのごろ読んだ本

2012.08.04 12:41|日常雑記
七月めいっぱい走るだけのつもりだったが

予約の本の順番が回ってきたので…。

いねむり先生  伊集院静

楽園のカンヴァス 原田マハ

この二冊を読んだ。

一冊ずつ借りたし
他の本は、読まないと封印していたので
読み終えた後、寝る前に、布団の中で、ぱらぱらとあちこち拾い読みした。

すると、読後感がよく、妙にあたたかい気分になった「いねむり先生」だったが
もともとギャンブルが苦手なので
そこが気になり、読み返すうち違和感がでてきて読後感を自分でぶち壊してしまった。
読み返さないほうが良かったか…。

モデルは阿佐田哲也…そういえば麻雀放浪記を見たときも
同じような気持ちになったなぁ。

「楽園のカンヴァス」

作者はキュレーターという美術の仕事をしていたことがある人らしく
ルソーとピカソの史実もとにして(らしい)
フィクションを織り交ぜたミステリーで、すごくおもしろかった。
ただ、ミステリーというほど、ミステリーではなく
ちょっとした謎が解ける…くらい。

さて、暑さにばて
最終的には走った結果も思うようには出せず、やや放心状態。

しかし、またブログは、また通常営業開始です。
どうぞよろしくお願いします。

コメント

こんにちわ

毎年 言って居るのかも 知れませんが 今年が 1番暑い
年ごとに 体力が 減少して行くので そう感じるのでしょうか

このところ 図書館にも 全然 行って居ません 時間は たっぷりあるのにね
図書館は 涼しくて いいかも 
>フィクションを織り交ぜたミステリーで、すごくおもしろかった
のモジが 私を 誘って居ます(笑)

No title

「楽園のカンヴァス」は私も気になってるんだけど、待ち人数がすごくてね~。
ブックオフで見つけたら買ってみようかと思ってるのだ。

No title

>よしこさん

私も今年の暑さはただものではないと思います。
お身体に気をつけられてくださいね。

図書館は涼しいからいいんだけど
私の場合、自転車なのでいくまでが…!

私は、秋までしばらく図書館通いはお休みです。

No title

>ちるるちゃん

直木賞候補にもなったしね。
私は、何カ月も前に予約していたから
この時期に読めたけど。

気長に待つという選択肢もあるけど…
私は、下町ロケット…去年の秋に予約して
まだ待ってるよ!

そういえば、これも直木賞。

No title

本当に毎日暑いです。

いまいちじっくり読書という感じでもなく
(読書の秋ってのはやっぱり言いえてるのだろうか?)
再読だしと並行して読み始めてしまった3冊が終わりません
(そんな横着するから)

受賞すると予約待ちが長くなる系がらみで、娘ネタ。
大好きな辻村深月さんの直木賞は嬉しいけど「にわかが増えるんだよねっ」と
ヲタ発言をしております。はい。
(ちなみにブックオフ経由がほとんどとはいえ、辻村、有川浩、三浦しをんあたりは
「単行本」買っちゃうあたりかなりいってしまってると思う・・・娘ながら・・・)

No title

>はちちゃん

ほんとに暑い。
読書だけでなく、なんにしても
じっくりなにかする気にならないね~。

「にわか」
そう、そう。
私も去年、「下町ロケット」は直木賞で知って
予約したんだものね。(^_^;)

はちちゃんとこは、親子で好きな本が
結構かぶってそうだよね。
わいわいと、語り合えそう。楽しそ~!

すごいこと。

相変わらず、レビちゃんの本は、最先端ですね。

昨日、こちらは大雨がすごく、ツイッターで最新情報を見ていたのです。
ふと自分の返信ランを見ていると、なんと去年の私のつぶやき「永遠の0」にちなんだのがあって、それに百田尚樹という名前で、「ありがとうございます」と返信されていたの。
それが、どうやら、ご本人のようで、「ええ~~~!!」きっと、マメな方なんだとは思うのですが、めったに本を読まない私のつぶやきもほとんどしない、私のツイッターにコメントするなんて、すごい低い確率なんですよね。
 それが、たまたま、昨日、「モンスター」(これも借り物)を読み始めたところ。(かなりの久しぶり「神様のカルテ2」以来)こういうことがあると、めちゃ、ファンになりそうです。
まだ、100ページくらいですが、作風・文章があまりにも違うので、別人の本みたいです。

No title

>KEMEちゃん

すごいっ!
よかったねぇ!

そういうこともあるんですね。
それはファンになるよね。

…でもどっちかというと、最先端の本を読んでいるのは
KEMEちゃんのほう、のような気がするよ。

大雨。
京都のほうが大雨かと思っていたけど
KEMEちゃんの家のあたりも大雨だったんですね。
大変だったのかなぁ。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。