08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れないうち…このごろ読んだ本

2012.04.11 21:31|読書
はやく書いておかねば、
この前返した本がなんだったか、忘れそうだ!



持ってる本 再読

尾崎一雄全集   持ってるというか…亡父の本。実家から借りてきた。

図書館から借りた本

黒ねこジェニーのおはなし1、2 エスターアベりル

RDG             荻原規子

小夜しぐれ           高田郁
心星ひとつ           高田郁


持ってる本 再読中

尾崎翠      ちくま文庫全集    中、短編集なので、ぽつんぽつんと読み返している。



あとはひたすら詰め碁にいそしむ。
棋力アップ夢見て。

持ってる本、再読が、どちらも尾崎さんなのは偶然!

コメント

こんにちわ

やっとこさ 春になりました
本の紹介有難うございます 何時も メモって財布の中に 入れてるんです
前に 教えて頂いた 北森鴻著「花の下にて春死なむ」と
香月日輪著「下町不思議町物語」読了
最近 読み易いのばかりに成っています 根気が無くなりました(笑)
三浦しをん著 「船を編む」本屋大賞に成りましたね
買おうか 買おまいか 迷って居ます

No title

>よしこさん
舟を編む、半年以上気長にまってやっとあと4人待ちになりました!

どうでしょうね、迷いますね。

私の読んだ本メモされたんですよね~。

尾崎一雄は絶版かもしれません。
ついでにいうと、私は主人公に共感できませんでした。。

尾崎翠にも、あまり共感できてません。
純文学…私は苦手…かな。(笑)
なんで、読んだの?って言われそうですが
ときおり、そういう共感できないもの
自分と違う世界をのぞいてみたいというところでしょうか。

そういう読書も好きなので。
でも誰かに面白かったよ、これっ!って言えるかどうかは…。(^_^;)

No title

「RDG」最新刊の5を読んだところ。
お話が進むうちに面白さが増してくるので、ぜひ続きも読んでみて~。

「黒ねこジェニーのおはなし」
表紙のとぼけたクロネコがいい味だしてて好き♪

「澪つくし」今回もおいしそうなものいっぱいだよね。
レシピ帳が出るらしいけど・・・・自分で作るより、澪に作ってもらって食べたいなぁ~

尾崎一雄、尾崎翠は読んだ事ないや。
でも、レビちゃんが苦手ってことは・・・たぶん私も苦手だろうなぁ~


そうそう、スミレが満開!
UPしたから見に来てね~

読んだ本メモ

忘れるほど読んでいるんだ~~。
しかも、私には、ほとんど未知の本で正直ジャンルもわからないです。

こないだの本屋大賞とかは読みやすいのかなぁ~。
でも、本屋で山積だと買う気もせず、図書館も30人待ちとかなるので、結果日々は過ぎていくのです。

読まなさ過ぎて、チョイスするのがわからないわ。

No title

>ちるるちゃん

早速スミレ、見てきました。春♪

RDG、もう5巻がでているのですね。
予約しなきゃ。
黒猫ジェニーは今まで読んだことがなくて
おそまきながら…。
おませな女の子。(笑)
挿絵が可愛い~。

No title

>KEMEちゃん

この間の本屋大賞、「舟を編む」は面白いらしいです。
でも、買うほどではなく図書館で待っても…いいという読書好き仲間の声も。
私は半年くらい前から待っていてあと4人待ち。
今からだと、何十人待ちだよね~。

候補のひとつだった「ビブリア古書堂」シリーズもおもしろいです。
2のほうがより面白かったけど、(昨日読んだばかり)
1から読まないと展開がわかりづらいなぁ。

なんかめげているから、本を読んでも
気合が入らず忘れるんです~。(^_^;)

No title

やっとちょっと本を読む余裕が出てきました。

RDGもう5巻出てるんだぁ。上に同じで予約行かなきゃ!

船を編むは本屋大賞の前に気になっててたまたま某店セールで
単行本何でも500円だったので買ってしまった。
ストーリーより小ネタとか本・活字・言葉ラブって感じがいいっす
(だから、買うほどでも・・・なのかもしれない・・・)

あと気になってて最近図書館に新刊で入ったので一気に借りてきたのは
小松エメルの「一鬼夜行」シリーズ。明治開花の時代背景で、妖怪系のお話です。


No title

>はちちゃん

でも、500円はお買い得だよね。
いいもの、みつけましたねっ!(^○^)

>明治開花の時代背景で、
これは面白そう。明治と妖怪。
この組み合わせは、妙に魅力的だよね。
和洋折衷の時代だから?かな。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。