08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このごろ読んだ本 リスト5

2011.11.13 21:58|読書
ばらばらに予約して、待ち人数もばらばらだったのに
一挙に4冊準備が出来たと連絡があって
嬉しさ半分、困った半分で借りてきた。

でも一気に読んでしまった!

まずは、それ以前に借りていた本や読み返した本から…

ミスター.ミー     アンドルー.クルーミー   
   ヘンテコな小説。しかも難しい!数学、哲学の素養があったらもっと楽しめそうなのに!
   …が読み進めずにはいられない。同時進行の主人公たちがどうなるかハラハラなので。

アーニャの真っ赤な嘘   米原万里      
   旧ソ連の小学校に通っていた筆者のノンフィクション。 
   思うとこがありすぎて感想がまとまらない。

俳人漱石   坪内稔典
   再読。 パラパラ読んで、にやにやする。

まとめてやってきた四冊。

いとま申して  北村薫  
   作者の父親の中学生時代の日記をもとに、戦前あった雑誌「童話」をめぐる史実を調べてたどる。
   こういう調べる作業というのが、私も好きだ。当然ながら、内容としては私的でマニアック…。

開かせていただき光栄です  皆川博子
   初めて読んだこの作者の本。80過ぎての著作とは思えない若々しさ!
   19世紀のイギリスを舞台にした推理小説。予想を裏切る面白さだった。

偉大なるしゅららぼん  万城目学
   こちらは予想通りの奇想天外小説。登場人物にやさしい大団円が◎だった。

猫と妻と暮らす   小路幸也
   題名どおりではなく、妻がときどき猫になるのである…。
   不思議な日常が淡々と進んで、読み心地がとてもいい。
   ちょっと「家守奇憚」を思い出すような雰囲気。
   

読書の秋とはいえ
二週間に4冊読めねばと思い(読まずに返す手は考えない…しかも二週間待たずに読み終えてしまい再読中)
かなり家事を手抜きしてしまったので、予約は用心しいしい入れることにする。


img084.jpg

さくらの葉っぱと銀杏のはっぱ。

コメント

おはようございます

今 洗濯機 活躍中・・・
僕僕先生 5巻も読了
>シリーズは長くつづくと こう云う感じ・・・
同じく1巻目の 雰囲気が1番 好きです   

リスト嬉しい 次何読もうかな? いいタイミング 
何時もですが どれも読んでない(笑)
用事済んだら 図書館へ 行ってこよう~っ!

万城目さんのは予約中 
小路さんは 教えて頂いた「東京バンドワゴン」以来 何冊か 
最近「カウハウス」読みましたが「猫と妻と暮らす」は・・・有るかな?

昨日のブログに 小学生の俳句の事を 坪内利典さんも選者の お一人だそうです

久し振りですね 絵 拾って 本の栞にしたくなるような 落ち葉 色が綺麗~

No title

>よしこさん

私は、今洗濯機を回してます。(笑)
朝洗って干したほうが気持ちいいんですけどね~。
そのちょっとの早起きができず…。(・・;)

よしこさんも一巻目が一番お好きなんですね。
僕僕先生の庵が桃源郷ぽくて好きなんですよ~。

よしこさんのはがき絵も
いつも楽しみに見てます。
ガンガンupしてくださいっ!

私のは…実は去年描いたやつで…。(^_^;)

読書の秋はスルーして・・・

九州場所ですよね~。お相撲さんみかけますか?
2度ほど、11月に福岡に行って、九州場所やっているとき、国際センターを通っていたら、のぼりやら、診たので、親近感。すごくて活気があったなぁと。今もそうかな~~。
隣の福岡サンパレスから、博多駅まで歩いたことあったけれど、今みたら、結構な距離だ。

次回はぜひ、読書のコメントで参加します。

No title

「猫と妻と暮らす」
良かったでしょう?あの雰囲気。

「薬屋探偵」シリーズ、ここで教えてもらって13冊ほど読了。
ミステリ部分とか文体はそんなに好みじゃないんだけど、不思議な主人公達がなんで日本に居るのかしら?とかが気になっちゃって。

落ち葉の季節だよね~。
今年も落ち葉とどんぐりで工作したよ。
PCの調子が悪くてUPできないでいるんだけど、昨日、新しいPCが届いたから使えるようになったらUPするね~

No title

読書の秋?!
相変わらず素敵なイラストだからレビちゃんは芸術の秋も?

来る時には一気に来て、そして結構忙しい時だったりする予約本
でも結局優先で読んじゃうんだけど・・・
私の中では万城目さん(と似た感じで森見さん)はイケるのは一気読みだけど
ひっかかるとなかなか進まないタイプの作家さんです。

北村薫といえば娘が別の本で「六の宮の姫君」ネタが出てきて
円紫さんのシリーズを読み始めた。ブッ〇オフで買って何冊か持っていても
あちこち抜けてるので図書館で借りてきて懐かしさに私が読んでしまった・・・
娘はアニヲタはやや卒業。完全に偏った濫読型になってます。
(大体一日一冊ペースで読んでるらしいんだけど・・・メインは授業中?!)



No title

>KEMEちゃん

私も懐かしい~。KEMEちゃんと食べたラーメン…思い出すよ~。
お相撲さんや部屋ののぼりは、ちらほら見かけてます。
国際センターのそばには、このごろいってないけど。

博多駅まで歩くと、結構な距離だよね。
でも私もよく歩いてます。てくてく。

No title

>ちるるちゃん

すごくよかったよ。
あんなふうに、暮らせたらいいなぁ。
懐かしい感じの家の中とか、御飯の様子とか…・

去年マネして作った、モビール、まだぶら下げてるよ。
今年のどんぐり工作も楽しみです。
UP待ってるね。

No title

>はちちゃん

北村薫、はじめて読んだのは
はちちゃんがお勧めしてくれたからでしたっ!
私も懐かしい。

「いとま申して」は
あることを調べるということにおいては
「六の宮の姫君」にちょっと似てると思った。

「六の宮の姫君」が出てくる本ってなんだろう…。

しかし…。
さすが、活字中遺伝子!(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。