08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理歳時記

2010.07.17 12:56|読書
蒸し暑い。だるい。何もしたくない。
ので、当然、献立を考えたくない!
そうめん、冷麺、ざるうどん、などのメニューばかりが
頭にうかんでくる。

こんな時、引っ張り出すのは
辰巳浜子さんの料理歳時記。

二十代のころが一番愛読していて
こんな料理をする主婦になりたいと思っていた。
ま、なれなかったけど。

具体的なレシピが載っているわけではないのだが
それでも、季節感あふれるエッセイを読むと
食べ物に対する気持ちが、ちょっと盛り上がってくるので
ときどき引っ張り出しては読み返す。

今読むと、口調があまりに奥さま奥さましていて
ちょっと抵抗があったりするのだが…。
昔読んでいた時にはあまり気にならなかったのに。
著者は明治生まれだから(故人)言葉づかいも違って当然なのかも。
でも、古くさいところが懐かしくもある。


図書館に返した、池波正太郎の食べ物エッセイ(題名忘れた!)の続編も
奥さん大変だろうな~という感想は相変わらずだけれど
やっぱり、季節感にあふれた食べ物に対する細やかな気配りを
読むと、少し、献立する元気もわいてくる。

料理エッセイをあれこれ読んで
なんとか、夏をのりきろう~~~。

コメント

こんにちわ

蒸し暑い だるい・・・コピーしたい位(笑)
作るどころか 食べるのも 嫌になりますね
主婦は そうも行かないでしょう

食べ物に まつわる本は 好きです
池波正太郎さんの「散歩のとき何かたべたくなって」とか
沢村貞子さんの「私の台所」「私の献立日記」等は 今でも 本箱にあります
なのに 辰巳浜子さんの本は 何故か 読んだこと有りません
又 読む本 出来ました

>季節感にあふれた食べ物に対する細やかな気配りを
読むと、少し、献立する元気もわいてくる。

今は 自分の為に だけど 季節感にあふれた 細やかな 気配りしたいです

>よしこさん
あ!私も沢村さんの本は二冊とももってますよ。
これも二十代のころよく読んだんです。
こんな風にしゃきっとした人になりたいと思ってましたが、こっちも、なれませんでしたよ。(^_^;)

私が持ってる辰巳浜子さんの料理歳時記は、中公文庫から出てる分です。



梅雨が明けたらほんとに暑い!!
でも、バテてる暇はないのでとりあえず食べるんだけど、作るのは面倒なのよね〜。
夏休みに入ったからこそ「弁当」が必要になる中学生(毎日のように部活があるから)も居るし、週末はイヤでも「作り溜め」しないといけなくて、文字通り「滝汗」かきながら調理してます。

>奥さん大変だろうな〜という感想
主婦ならではだよね〜、実感こもちゃうもんね。

「妖怪アパート」のるりこさんが欲しいよ〜。

>ちるるちゃん
ほんとにね、バテてる暇はないんだよね。
私は調理以前に、ワンパターンの食べ物しか
頭に浮かばないんだよ。(T_T)
なので、あれこれ読んでみてる。
るりこさん、いてくれたら…いいよね〜。
というか、あのアパートに住みたい。
いや、住みたいか?
怖がりなのに?(笑)
せめて、るりこさんの夏らしメニューレシピを読もうっと。

ちるるちゃん、お弁当つくり頑張ってるね。
滝汗のあとには、水分補給して、ばてないようにね!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。