08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッシングリンク発見?

2010.05.11 20:20|読書
先日、新聞でみたニュース。
骨の化石のゲノム解析で、ネアンデルタール人と現生人類の混血が
測定されたらしい。
これって、いわゆるミッシングリンクの発見じゃないのか?
だったら、もっと大騒ぎしてもいいんじゃないか?
…と、今回も私は思う。

数年前に、骨の化石と石器の関係から、予想されていたということがあるので
そうびっくりすることでもないということなのか。
数年前にも、私は一人で盛り上がったっけ。

ま、そういう私も忘れていたし、
今回検索するまで、ミッシングリンクをリングと思い込んでいたし。

さすがに、今の時代、ピルトダウンの偽化石事件のようなことはもうないだろう。
(犯人コナンドイル説まででた事件…真犯人はドイルじゃなく博物館員らしい)
となると、ネアンデルタール人と、クロマニヨン人の出会いをかいた小説
「大地の子エイラ」は、すごく先見の明のあった小説だったのだろうか。

私がひそかに信じていた「宇宙人介在説」はやっぱりボツらしい。

コメント

こんばんわ

またまた 知らない本です「大地の子エイラ」長編の様ですね
これは 図書館に 有るでしょう
又 気合いを入れて 読まなくては〜(笑)

>よしこさん
実は…私、完読してないんです。
最初は設定もおもしろかったので、どんどん読み進みましたが、半分過ぎくらいで、なんかちょっと違っきて挫折してしまいました…。
すごく面白かった、という友人もいれば
寓話だと思ったので、すぐに読みやめたという
方もいます。
自分が挫折したので、自信もっておすすめはできないんですよ〜〜。(^_^;)
でも、ネアンデルタール人、混血、というと
思い出してしまう本でした。

科学で何万年前がわかるのもすごいけど、でも絶対科学だけではわからない不思議もまだまだ世の中にはあって、それをトンデモ本で夢はせるのが案外好きだったり(笑)

今気になってるのは金星の探査機。しかし宇宙人も絶対いると思うんだが・・・某缶コーヒー飲んで現場で働いてるのもありではないかと・・・

そうなんですか〜

最近 根気が無くなってきて 長編は ちょっと辛いかな? 
それに 外国の物語は 中々名前を 覚えられません(笑) なので〜 
もう〜読む本が 無い!と云う時に 取って置きます
絵本が良いですね お話も 絵も楽しめる

それから 先日UPした 「ヒトリシズカ」名前が間違っていました
「フタリシズカ」なんです 云い訳はブログに・・・ ごめんなさい

>はちちゃん
私もトンデモ好きなんだよね〜。
あんまりなやつからは足を洗ったけど。(笑)
基本、好きです。

金星探査機は、もうすぐうちあげだったっけ?
惑星探査機、はやぶさも、もうすぐ帰ってくるね。帰ってくるというか、成果だけを渡しにもどってくるんだよね。成功するといいな。
>宇宙人
私も、いると思う。建設現場には…どうかな?(笑)

>よしこさん
取っておく…いいですね。
私もいろいろ取ってます。(*^_^*)

>ヒトリシズカ
わざわざありがとうございます!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。