10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「りんごのたね」と「かきのたね」

2009.12.15 20:49|日常雑記
rinngojam.jpg

ブログのタイトルをつけるとき、ほんとは、「かきのたね」にするつもりだった。
昔話では、サルは拾った「かきのたね」よりカニが拾った「にぎりめし」がほしくて
カニをだます。
目先の団子に気を取られて、カニをうらやむサル。
私は、外観、中身、ともに、サルっぽいので、ぴったり、と思った。

しかし、その数日後、「柿の種」寺田寅彦 という新聞広告を見つけた。
今なら、お、うれしい偶然と思うだけのような気がするが
その時は、…同じとはおこがましい…などと妙な事を思ってりんごに代えた。

もともと一番好きな果物は「りんご」だったし
アメリカの昔話にある、「りんごのたね」を、道々にまいていくおじいさんの話も
好きだったので。

写真は、ちるるちゃんのまねをしてつくったほんのり赤いリンゴジャム。
ブログを始めたすぐ後に、寺田寅彦の「柿の種」は図書館で図書館で借りて読んだ。
なぜ、柿の種をいう題名なのかは、書いてなかったような気がする。



コメント

こんばんわ

素敵なタイトルに感心してました そんな 裏話が有ったんですね

寺田寅彦って 云うと 天災は忘れた頃に・・・とかの人と 記憶してましたが
検索したら そう云われているが 真偽のほどは 分からないとの事でした
お陰で 勉強になりました

りんごジャム 赤くするには 皮を入れて煮ると聞きましたが
こちらの 真偽は〜どうなんでしょう 

>よしこさん
「真」。(*^_^*)
皮と芯を、お茶用のパックに入れて一緒に煮て、出来上がったらパックをとり出しました。
友達は、茶漉しにいれると、教えてくれましたが、茶漉しがなかったので、パックでやってみましたが、これでも大丈夫でした。
煮ているときは、思ったほど赤くないなと
思いましたが、瓶に入れると、ほんのりいい色になってました。

寺田寅彦は〜私のイメージでは
「吾輩は猫である」の寒月さんのモデルというのが一番です。なので、随筆を読んでもなんか親しみがある。ただ、「柿の種」はあまりおもしろくは…なかったです。(^_^;)

きれいなピンクに出来たね〜。

今年はりんごが美味しくて、やたらと食べてるよ。でも、今は「ゆず」。
お庭にでっかいゆずの木が二本あって持て余してる・・・っていう知り合いから分けてもらって堪能中!
もうすぐ冬至だし、ゆず湯もいいよね〜

>ちるるちゃん
おかげさまです〜(*^_^*)
りんご、おいしいね。

「ゆず」を持て余す知り合い…いいなぁ。
今夜は、ゆずをしぼって湯豆腐しました。
皮をいまから風呂に浮かべるよ〜。

かきのたねと言われたら、ワタクシの場合、
即座にピーナツ入り柿の種を連想したでしょう(笑)。
そんな訳でワタクシには「りんごのたね」の方が
ロマンが感じられます。

>瑞閏さん
うん、きっとたいていそうですよね。(笑)

ところで…
あの組み合わせは、絶妙だな〜と思います。
ピーナツだけや、おかきだけなら、あんなに
とまらなくなるとは思えない。
ほんとはもっと歯ごたえのあるおかきのほうが好きなのに、一度手を出すと、ついつい食べて続けてしまいます。

おいしそう〜。りんごジャム。
昔、まだ果物を買う余裕があったころ(汗)、
いろ〜んな果物でジャムを作ったなぁ、と
ふと思い出してしまいました。

りんご、かぁ。
たぶん、何年単位で食べてない(汗)。

>usaちゃん
私も果物を買うのには、むらがあるよ。
すごくお腹がすいて、買い物に行くと
まず買わない。(笑)
一度何かのはずみで買うと、あ、おいしかった^と続けて買ったりね。

同感っす。絶妙の組み合わせですね(笑)。

そんな私は100円の袋菓子の柿ピーに
目がありませんが、ギョーザ以降、
ピーナツの原産地がちょっと気になるこの頃であります。

>瑞閏さん
原産地、気になりますね〜。
野菜はかならず産地を見るようになりました。
大好きだった春雨もマロニーにかえたり。
…でも、袋菓子のピーナツは気にしてなかったなぁ。
気になると言いながらあちこちに穴…。(^_^;)

あ、ここにも春雨フェチがおられた!(笑)。

私は鍋物の春雨に目がなく、家族に呆れられます(笑)。
ビーフンもソーメンも、細長いものはたいがい好きなんですがね。

以前から馬鈴薯澱粉の春雨が好きなのですが、
例の事件以来、ことさら国産馬鈴薯のばかりを
買い求めるようになりました。
馬鈴薯澱粉のの方がシコシコ感が強いんですよねぇ。

ダンミョンてご存知でしょうか。
韓国で使われるさつまいも澱粉の春雨で、
韓国風炒め春雨料理のチャプチェに使います。
当然ながらワタクシの大好物です(笑)。

>瑞閏さん
賛成。鍋ものに春雨は絶対ですね!
とりだす具のあちこちに春雨が絡まっているのが好きです。
緑豆春雨が好きだったのですが…。
今は国産馬鈴薯澱粉の春雨にしてます。

ダンミョンは食べたことがないです。
韓国料理は、焼き肉屋さんの石焼きビビンバくらいしか食べたことがないので。
さつまいも澱粉もおいしそうですね。

市販のよりなんかうすピンクですごくかわいい色合いですね。でもりんごって赤いイメージだけどよく考えたら中は白っぽいというのか黄色っぽいというのか・・・そう思うとこのジャムの色合いは絶妙?
うちは手作りのりんごといえばアップルパイ(冷凍食品4割引の時パイ生地を発見したら)かなぁ。

>はちちゃん
アップルパイ、おいしそう。
焼きたての匂い、想像すると、今、空腹の私には……。(*_*)
アメリカのおふくろの味はアップルパイっていうね。
りんごを煮るとやさしい味になるからかな。

ピンクのりんごジャム

昨日の紅茶講座の先生手作りジャムが
紅玉で作ったというピンクのりんごジャムでした。
皮も一緒に煮てるんだけれど、ジャマになってなかったよ〜(^.^)

>まゆちゃん
お返事遅れました〜!
皮がじゃまにならない?
すごく不思議だ。いつかレシピをききだしてきてくれないかな〜。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。