05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んだマンガ  海街diary 陽のあたる坂道

2014.06.19 22:37|未分類
吉田秋生 著

3巻目。

相変わらず面白い。

ストーリーとは関係ないけど
姉妹の住む、古い家がいいなといつも思う。
四季の食べ物や行事が、織り込まれていて
現代が舞台のはずなのに、懐かしい。

5巻も買ったのだが、4巻はまだ買ってない。
4巻を買うまで我慢するつもりだが
誘惑されるなぁ。
スポンサーサイト

読んだ本 55歳からのハローライフ

2014.06.19 22:30|未分類
村上龍 著

村上龍さんの作品は、69、だいじょうぶマイフレンド、しか読んだことがない。
それも、読んだのは二十代。
何年か前に、参加している読書会の選書となって
69を読み返したが、それ以来の村上作品。

今回も、その読書会の選書だった。

5編の中編。
どれも五十代半ば過ぎの主人公だ。

身につまされると言う感想が一番にくる。
明るい話ではないが、どれもラストはほんのりと明るい。

読んだ本  いとみち 2,3

2014.06.10 23:28|未分類
越谷オサム 著

1がとてもおもしろかったので
2,3はどうだろうと、期待と不安が入り混じりながら
読み始めたが…

心配することはなかった。
おもしろすぎて
ちょっとだけ読むつもりが、眠れなくなり
ぶっ続けで二冊とも読んでしまい
寝不足になってしまった。

ほんとは、ちょっとだけなんて、無理だとわかっていたから
休み前に読むつもりだったのだが
ついつい。。。

往年の少女マンガのどじっ子でも、ここまで
どじではなかっただろうという、ドジでとんでもなく内気な少女、いと。

1では、こともあろうに、その、いとがメイド喫茶でバイトを始め
そこで特技の津軽三味線で人気者になったのだが
2,3もそのままのペースである。

そのままながら、ほのかな恋心をいだいてみたり
友達とけんかしたり、バイト先の後輩をしかってみたり…と、
ひとつひとつ、成長している。

まわりに誰も悪人がいないので、心安らぐ。

相変わらずビーチボーイズの曲が、合間合間に出てくるので
このごろ、ビーチボーイズばかり聴いている。

ヴァンへイレンもでてくるんだけど、あのギターはあんまり好みじゃないので…
好みじゃないと言えば、実は津軽三味線の音色もいいなと思ったことが
ないのだ。。。ごめん、いとちゃん。

これもフウガさんに貸していただいた。
楽しかったです~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。