11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

2010.12.31 13:02|日常雑記
PC310049.jpg

昨年は、遊びに来ていただいて、ありがとうございました。
今年も、お付き合いいただけたら、うれしいです。

よい一年になりますように!


スポンサーサイト

おしらせ

2010.12.28 17:33|未分類
また、メールマガジンに載せる記事をupしなおしました。
↓のさざんかの記事は来年のメルマガで送られます。

09年1月にupしていた記事を二行書き直してます。

コメントも一緒に送られます~。
こっちにコメントしてもらってもいいです。

さざんか

2010.12.28 17:12|未分類
sazannka.jpg




さざんか さざんか 咲いた道
たきびだ たきびだ おちばたき

近所に満開のさざんかの垣根があり
通る度に、つい口ずさむ。

たきびのほうは、ダイオキシンのせい?
消防法の規制のせい?で、
このごろは、みかけない。
子どもの頃、夕方にたきびのにおいがしてくると
早く家に帰らなきゃ~と思っていた。

たきびのにおいは懐かしい夕方のにおい。

もっとも、純正落ち葉焚きではなく
ごみを燃やしていることのほうが、多かったようだが。

寒い冬。
緑と赤のさざんかの垣根に
また、雪が積もるときれいだろうな。


☆ Wishing you a happy Christmas ☆

2010.12.23 20:53|日常雑記
PC230035.jpg


今年も、イブの夜 8時から11時ごろ
遠くはなれたところにいるけれど
仕事中の人も、家族とパーティの人も、片付け中の人も
晩酌中の人も…
みんなで乾杯しましょう~。
お茶でも コーヒーでも、ワインでも、焼酎でも、コーラでも。

出遅れた~という人も
会場はずっとあいてます(当たり前です…(^_^;))
寄って行って下さいね。

紅茶とフルーツケーキおいてます。
バックグラウンドミュージックは
いつものように ビーチボーイズ クリスマスアルバム
と、シンディーローパー。
フルーツケーキは、頂き物の干し柿と干しブドウがはいってます。
(おいしそうに見えるけど、実はちょっと焼きすぎてかたかった…)


☆ ☆ ☆

音楽も本も絵本も映画も
クリスマスにちなむものは、山ほどありますね~。

今年、私のお気に入りは カイリーミノーグ 「Let it snow」
FMで聞いた時は、古いミュージカルの歌かと思ったけど
現役ばりばり、今の時代の曲でした。色っぽい!

本は選べない~。多すぎる。
でもあえてえらべば、今年は ケストナー「雪の中の三人男」で。


せっかくなので
みんなも、なにか一つお気に入りを教えて下さい♪
音楽だけでも、映画だけでも、本だけでも。
もちろん、全種類でも。

☆ ☆ ☆

では、イブに~。

雨ふりの冬至

2010.12.22 21:21|日常雑記
samuzora.jpg

雨は降っているが、あまり寒くなく、冬至らしくない一日だった。
昼間、自転車で走っていると
街路樹にとまっているいろんな鳥を見かける。
残念ながら、一目では、ほとんど名前がわからない。
今日わかったのは、すずめだけ…。

冬至らしくはなかったが
それでも、ゆずは用意したし
かぼちゃも、天ぷらにして食べた。
これで、もう、風邪がぶり返しませんように!




あさってはクリスマスイブ。
冬至は押したけど…クリスマスはクリスマスで楽しみたい。

とはいうものの、毎年のことながら、今年も特に何もなし。
でも、また、ブログ上で楽しみましょう♪

もうすぐ冬至

2010.12.10 17:55|日常雑記
img033.jpg
↑かぼちゃに見えないかもしれない…が、かぼちゃ。

街を歩いても、TVをつけても、
すっかりクリスマス気分の時期になった。

…が、ここで私はこっそり「冬至」を押してみる。

ゆず湯にはいって、かぼちゃを食べて…くらいの
地味な行事ではあるけれど。

古代の遺跡には、古今東西を問わず
冬至と夏至の方向との関連が言われている(ようだ…。多分…。)
ストーンヘンジも、マヤ、アステカの遺跡も、ピラミッドも。

当たり前なんだろう。
太陽の動きが、人間の生活にかかせない重要なことなんだから。

ただし、キリスト教圏では冬至にクリスマスをすることにしたらしいので
そういう意味では、冬至=クリスマスなのかもしれない。

それでも、せっかくなので、なにか、「冬至」がでてくる小説があったら読みたい。

唯一、私が思いつくのは「ムーミン谷の冬」で
太陽が、ひさしぶりにちょっと顔を出すという日に
ムーミンがはしゃいで、金のリボンをつけるシーン。
しかし、なにしろ、架空の世界なので、とくに冬至とは書いてなかった気がする。

「何かあったら、教えて下さい。」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。