02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スミレ

2010.03.28 22:41|草木
P3280031.jpg

仕事場の庭のスミレが咲いていた♪
雑草としては、ツユクサやドクダミも植えているなかでも
とくにひいきにしているスミレ。

ピンボケが残念。

子供のころから、原っぱで遊ぶときにみつけるスミレは別格な気がしていた。
レンゲやシロツメクサは摘んで、つないで首飾りにしたり
ままごとのご飯にしたりするけど、スミレは摘まずにそっと見てるだけだった。
レンゲもシロツメクサも、もちろん好きなんだが…。

幼稚園のころ、発表会の劇で、
スミレの精がでてくる劇があった。
薄紫のふわふわひらひらのドレスに薄紫の花の冠をつけて…。
スミレの精になりたいと、どれほど憧れたものか…
ストーリーは忘れたけど。
私は残念ながら、ほかの劇のナレーターだった。…やっぱり。

サリーちゃん(魔法使い)の友達も、お嬢様は「すみれちゃん」。

スミレという響きさえかわいいと思っていたが
実は、大工さんがつかう「墨入れ」に花の形が似てるから
それがなまって「スミレ」なんだとか。
知った時には、ちょっと、がっかりな気もしたが…。
今は、らしくていいかも~と思う。


スポンサーサイト

雨中のさくら

2010.03.24 19:32|草木
img013.jpg

肌寒い雨が降っているのに、昨日まで三分咲きだった交差点のさくらが
八分咲きになっていた。
花の向こうの薄曇りの空から雨がパラパラ落ちてくる。
花の色もピンクというより、ほんのり薄桃がかった白にみえた。

晴れたらどこかへ花見に行こうかな~。
缶ビールでも持って。

画は二、三年前に描いたさくら。

漱石俳句集

2010.03.14 12:37|読書
ここのところ続いていた体調不良が、
検査の結果、悪いところがないとわかった。
この安堵をなにか「カタチ」にと、都合のいい言い訳をして
病院帰りに、春の服を眺めてみたが…
いいなと思う服は、とても着られそうにない服ばかりだったので
結局、さしみと本を買って帰った。

坪内稔典編「漱石俳句集」
漱石の俳句は、ときどき見かけては、いいなと思っていたし
編者の坪内さんはサイトもときどき見に行く俳人さんなので
前から欲しくはあったのだが
俳句の本だけに、紙面の割に極端に字が少ないのが
なにか、もったいない気がして、買わなかったもの。
こんなときの贅沢には、ぴったりではないか。

さしみもおいしかったし。
若づくりの服、衝動買いしなくてよかった。

ユキノシタ

2010.03.09 22:22|草木
201003031111.jpg

「植物図鑑」有川浩 を読んで以来、春になったら食べてみようと
思っていたユキノシタの天ぷらを作った。

タラの芽のような味で
本に書いてある通り、とてもおいしかった。
いろいろ薬効もありそうなので、元気もつくかなとちょっと期待している。

天ぷらになったところも撮ろうと思っていたが
忘れて食べた。。。

写真は、ちょっと殺風景だけど、ユキノシタ。
もうちょっと、工夫して可愛く見えるように撮ってやればよかった。

それはそうと、街を歩くと
こぶしが咲いていたり、スノードロップが満開だったり
沈丁花がいい香りだったり…
寒いけれど、着実に春になっているのだな。

半分だけ福ノ神

2010.03.05 18:50|日常雑記
歯痛からほっぺたが腫れた。
時間がたてば、治るということで、待つ…のみ。

半分だけお多福さんなので、福も半分くらい来るのじゃないかと
期待しつつ、ここ数日じっと我慢している。
…ちょっと痛い。

回復したらまたでてきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。