11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬ごもり

2009.12.29 21:54|日常雑記
irolannpu.jpg

お正月の間は、冬ごもりいたします。
今年一年、遊びに来ていただいて、
ほんとにほんとにありがとうございました。

お正月すぎには、また、いつもながらの日常茶飯事を
更新していきますので、どうぞよろしくおねがいします。

新年のごあいさつにかえて。
みなさん、良いお年を~!
スポンサーサイト

もうすぐクリスマス

2009.12.23 17:39|読書
otyanojikann.jpg

もうすぐクリスマス…といったって、
実際は、ケーキでも食べるか~というくらいのもので何といってするわけではない。
ケーキのそばに煮ものがあったり、気持ちだけ唐揚げ!があったり…。(^_^;)
毎年、地味に過ぎていく。

それでも、クリスマスは好きだ。

現実のクリスマスではなく、本や音楽の中のクリスマスが好きだ。
人が集って、暖かい火があって、笑い声があって。
何度読んでも、あたたかい気持ちになる。

「やかまし村」「飛ぶ教室」「若草物語」「アン」シリーズ
「大きな森の小さな家」「小少女」「クリスマスキャロル」
「橋の下のこどもたち」エトセトラ…

日本で言うとお正月の楽しさなんだなと思うが
食べ物、風習、どれも憧れこがれたものだ。
「欧米か」!(古い)

古い映画、「ホワイトクリスマス」も何十年か前のイギリスのtvドラマの「クリスマスキャロル」も好きだった。
ジョンレノンの「ハッピークリスマス」もポールの「クリスマス」ソングも(…題名度忘れ)
マライアの「恋人たちのクリスマス」もワムも。こどものころのマイケルの「ママがサンタにキスをした」も。
みんな好きだ。
ビーチボーイズの「クリスマスソング」集も。
まったく、「欧米か!」

今年も憧れだけで過ぎていくクリスマス。
それはそれで、いい。
今年は何を聞き、何を読もうかな。

絵文字名を入力してください
今年のイブも、遠く離れたクリスマスパーティしましょう。
ちょっと急ですが。
イブの8時~10時ごろ、それぞれの場所で、一緒に思うメリークリスマス。
ここには紅茶しか用意してないけど、御馳走のあとにでも。。


↓去年の友達のお誘いのコピー。こんな感じで。

「クリスマスイヴの20時~22時くらいに
同時にクリスマス気分でお茶でも
お酒でも飲んじゃおうよ~~p(^-^)q
食べちゃおうよ~ 」
つまり、お家ににいながら、遠方の友達とパーティ気分に!

「りんごのたね」と「かきのたね」

2009.12.15 20:49|日常雑記
rinngojam.jpg

ブログのタイトルをつけるとき、ほんとは、「かきのたね」にするつもりだった。
昔話では、サルは拾った「かきのたね」よりカニが拾った「にぎりめし」がほしくて
カニをだます。
目先の団子に気を取られて、カニをうらやむサル。
私は、外観、中身、ともに、サルっぽいので、ぴったり、と思った。

しかし、その数日後、「柿の種」寺田寅彦 という新聞広告を見つけた。
今なら、お、うれしい偶然と思うだけのような気がするが
その時は、…同じとはおこがましい…などと妙な事を思ってりんごに代えた。

もともと一番好きな果物は「りんご」だったし
アメリカの昔話にある、「りんごのたね」を、道々にまいていくおじいさんの話も
好きだったので。

写真は、ちるるちゃんのまねをしてつくったほんのり赤いリンゴジャム。
ブログを始めたすぐ後に、寺田寅彦の「柿の種」は図書館で図書館で借りて読んだ。
なぜ、柿の種をいう題名なのかは、書いてなかったような気がする。


続きを読む >>

さむがりやのサンタ

2009.12.05 19:04|読書
nabe.jpg

今日は一日、体がだるかったので、こたつの番をしてすごした。
晩御飯の用意もしたくない…ので、鍋物にする。
台所に立って、野菜を切っていたら、なんとなく元気が出てきて
しなびかけのレンコンをきんぴらにしておこう、
ホウレンソウもしなびないうちにゆでておこう、と
ちょっと、もりあがってきて、鍋の用意も完了。

台所に立つのは、元気の源なのかも。

先日図書館で読んで欲しくなり、買ってしまった絵本が
さむがりやのサンタ。
昔、流行っていたころは、こま割の画面があまり好きではなかったのだが
久しぶりに読むと、
サンタのこまめにキッチンに立つ生活ぶりが、なんともいえず良くて
なるほど、人気があったはずだと、おくればせながら愛読している次第。

サンタはクリスマスプディングもゆでている。
あの、なぞのプディング。
こどものころ読んだ、ディケンズのクリスマスキャロルでなぜプディングが、
洗濯場でゆであげられるのか不思議でしかたなかったプディング。
そのクリスマスプディングもサンタはこまめに作っているのだ。
素敵。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。