07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物図鑑

2009.08.28 23:40|読書
zassou1.jpg

「植物図鑑」といっても、図鑑ではなく、有川浩の小説の題名。
ストーリーはとりあえずおいとくとして、とにかく野草を食べるお話で
友達に「きっと好きだよ」とお勧めしてもらって読んだのだが
まあ、ほんとに、おやまぁ!であり、楽しかったのだ。

拙作の「こおに」や「のねずみ」が、ヨモギ茶をのんだり野いちごを食べたり
つくしをとったりしたように、このお話の主人公たちも野草を食べるし
私達が掲示板で話題にしたように、へくそかずらやイヌフグリが
かわいそうだと…。
冒頭いきなりへくそかずらの話題ですから!素敵。

ストーリーはおいといてというのは、かなり好みがわかれそうなので
誰にでも勧められるおもしろさ…ではないのだが、
私にとっては、他人が書いたは思えないほど
好きなものが一緒だったので、(友達の読みどおり!)
珍しく、きゃほー!といいつつ読んだのだった。

上の写真は 雑草…いや、名前は…
(雑草という名の草はない、すべての草には名前がある…by昭和天皇 。
この有名な言葉は作中にも出てくる。)
エノコログサ、ヒメジョオン、イヌビエ、と、多分、カヤツリグサの一種。
これは、多分、どれも食べられないと思うが、信号待ちをしていた時
歩道の植え込みにあったので、ちょっともらった。
雑草仲間なのでUP。

下の絵の、ヘクソカズラも信号待ちの植え込みで。
茎を折った時のにおいは、ちょっとだけ、オナラのにおいに似ていた。

hekusokadura.jpg

スポンサーサイト

大根発見

2009.08.21 14:41|日常雑記
daikonn.jpg

といっても、べつに新種をみつけたというわけじゃない。

大根おろしをつくろうと、買ってきたスーパーの袋をみたら
大根がない。
自転車のかごに置き忘れたかと、見に行ったがのってない。
歩道に乗り上げた時に、大根がはねて落ち、ひろったから
買い忘れはない。
おかしいな~と思いつつ、しなびた小さな大根の残りで
晩御飯は済ませた。

翌朝、自転車置き場の片隅で大根発見。
一晩自転車置き場の片隅で待っていてくれたかと思うと
うれしくて、にっこり。

しかしな~。おとしたのに気がつかないとは。
あまりにうっかり。夏の暑さのせいにしておこう。

憧れのアフタヌーンティ

2009.08.13 13:11|読書
gogonootya 004

紅茶に詳しいともだちのブログで、ホテルのアフタヌーンティが紹介されていた。
おいしそう~。しかも、段々重ねのトレイが素敵だ。
これぞ、憧れ英国式「お茶」、本のなかのシーンのようだ…と
コメントしたら、「どういう風に書いてあるの?」とのレス。

…あれ?そういわれてみれば、記憶が漠然としていてこれ!といった本が思い出せない。
いろいろ心当たりをひっぱりだしてみたが、どれも、平らなお皿にのってるぞ?
そのうち、はたとひらめいた。
小説ではなく林望先生のエッセイ「イギリスはおいしい」の表紙!
確かに、段々重ねのトレイの絵がついている!
これこれと、ホテルでアフタヌーンティをいただくというエッセイのページをめくると
あれ?これもどうやら平らなお皿で出てきている。

どうやら、このエッセイの表紙絵をみたときから、私の中で、それまで読んできた本の
「お茶」のシーンにこの段々重ねがセットされたらしい。(^_^;)
…ああ、勘違い。
しかし、表紙を書いたイラストレーターさん、中身読まなかったのかなぁ。。。

写真は地図だけながめて、イギリスに行った気になろうと、数年前に買った
地図と、ティバックの紅茶。…気分だけでも「お茶」

朝顔

2009.08.08 15:39|草木
asagaokonn 003
 
四個植えた種から、三本の朝顔が育った。
最初の朝顔は白。次はピンク。
二本とも七月中に咲き終わってしまった。

一本だけつぼみもつけずに、ひょろひょろのびていたが
やっと、今日一輪咲いた。
袋には、白と赤とブルーの写真がついていたので
この株はブルーならいいなと思っていたら
ブルーというより、もっと紺に近い渋い色の花がついた。

なかなか日本情緒。
藍染の浴衣でも着て眺めたい。
…現実はベランダは暑いのでショートパンツで水やり。。。

つぼみがたくさんあるのでしばらくは楽しめそう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。