03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

やまの さるこ

Author:やまの さるこ
HN レビ


読書と囲碁が趣味です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちごジャム

2008.04.26 21:55|食べ物
jam 001


やっと、小さくて安いいちごが出回り始めたので
ジャムを作った。
一人前用の土鍋で煮る。


やっぱりジャムはいちごが一番好きだ…子どもの頃から。
「ムーミン谷の冬」でいちごのジャムが、不意のずうずうしいお客達に
食べられてしまったという話を
読んだ時は、ムーミンが気の毒だった。
そういえば、
そのとき、皆が食べなかったのは「こけもも」のジャム。
「そりゃそうだろう」と思ったものだ。
子どもの頃「こけもも」とは、緑色の石に生えているような苔だと
思っていたから。(笑

ところで「こけもも」って、クランベリー?
それだったら、おいしいんじゃないか…と、大人になった今は思うのだが。
スポンサーサイト

虫食い

2008.04.25 00:50|手工芸
totyan 012


洗ってしまっておいたカーディガンに、虫食いの穴を発見。
毛糸で花のモチーフを作って、あなをふさいだ。
…かわいい!と自己満足にひたったが、着て見ると
洗い方が悪かったか、もともとぴっちりだっのが、もっとぴっちりになっている!
しかも、家族からは「おばさんくさい」と不評。

日の目を見ることがないかもしれない、のはかわいそうなので
写真デヴューさせてみた。

金印偽造事件

2008.04.20 21:32|読書
sirotumekusa.jpg

この本は、題名どおりの内容で、国宝である金印が江戸時代
発見された当初から偽物だったのではないかと、作者が
調べた結果の報告書で、小説ではない。

昔から、金印の発見状況については、謎が…と、
よく言われていたので、びっくりというわけではないけど
おもしろかった~。
ものすごく、納得。(だまされやすくはないつもりだが…)
著者は三浦佑之
まだ読みかけたままの(^_^;)、古事記、現代訳 の著書だった。

ほんとは金印の謎と和算をキーワードにした話を書きたくて
しらべていてみつけた本だったのだけど
そういうものをネタにして書くには、私はあまりに力不足ってこともよくわかった。

このとき、一緒に見つけた本が「算法少女」遠藤寛子
こういうのかきたかったのに~って残念だったけどま、しょうがない。
少年向けドラマの原作にしたら楽しそうな本だった。

写真は全然話とは関係がないけど
こんな野原見たら、本読むのにいい季節だなって思うので。

漬物

2008.04.14 23:58|食べ物
去年の暮れ、お客さんから、白菜を二玉いただき
なんとか食べきろうと作った白菜漬けが、うまくいったのに
味をしめ、その後も白菜だけじゃなく、かぶや高菜を漬け続けた冬だった。

春になって、しばらく、休ませ気味だったぬか床も完全復帰。
近頃私は、漬物があれば、ほかにおかずはいらない感じだ。(^_^;)
ま、そうもいってられないので、ほかにもつくるけど。

しかし、おいしいのはいいが…つい食べすぎるのが…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。